TAKASHO Laboratory Support, Facilities and Equipment

多彩な研究領域や才能が複雑に融合していく現在の科学。
そして、様々な法規制。 益々、研究環境づくりは専門的で分かりづらい状況になっています。したがって、研究施設に関する高い知識や経験が不可欠です。コストマネージメントを含めた研究環境のあらゆる課題を、タカショウがサポートします。将来を見据えた、機能的かつデザイン性の高い研究環境をつくります。

安全性

研究者の安全衛生の確保は何よりも大切なことであり、第一に優先されるべきものです。
タカショウでは、研究には、「リスクが存在する」との認識のもとに、実験環境プランを立てることで、研究者の安全確保に努めています。

拡張性

将来の研究ニーズの変化、人員の増減に研究設備や空間を最適化・標準化することで、将来の研究環境の変化に柔軟に対応できる環境を計画段階で、考慮してご提案しています。

快適性

研究者の作業効率を高める機能性や動線設計はもとより、機能的で使いやすく、長時間作業においても疲労低減を計り、研究者がリラックスできる居心地まで配慮した空間設計をご提案します。

デザイン性

知的価値を創造することは、人とのコミュニケーションやコラボレーション、そして人を取り巻く空間のあり方に深く関わりがあります。
研究者のリラックスと集中が有機的につながる快適なワークプレイス。タカショウでは、知的創造にふさわしい機能的でデザイン性にすぐれた製品開発に努めています。

柔軟性

流動性の高い研究業務に迅速に対応できる柔軟性と可用性に配慮したモジュール化・ユニット化計画を進めることで、研究ニーズにスムーズに対応します。

経済性

モジュール化・ユニット化された柔軟性、拡張性に富む設備は、経済的にも優れ、投資コストを抑えることができます。また、タカショウのアフターサービスが、設備寿命をのばし、安定した研究環境とランニングコストの低減も図ります。